• 伊達家が畏れた東照宮と「御宮町」をめぐる(終了)

    開催日時:2017年9月 2日(土)10:00~12:00

    募集締切:2017年8月30日(水)

  • コース説明・ルート

    伊達家が畏れた東照宮と「御宮町」をめぐる

    歴史と逸話の宝箱!仙台東照宮周辺をめぐるお宝話を堪能

    本ツアーは、伊達政宗公生誕450年記念企画の一環として開催されます。

    1591年に徳川家康が大崎一揆を収めた帰路に休息所として使ったのが、現在の仙台東照宮のあたり。国指定重要文化財にもなっている本殿等は、二代目藩主伊達忠宗公が、家康の霊(東照大権現)を祭るために、1654年に完成させました。

    見事な東照宮の建立と伊達家による手厚い保護は、天下を握る徳川家への忠誠を示し、牽制する役割も担っていたと言われています。
    その「御宮町」として発展してきた宮町近辺は、仙台みそなどの商店や四ツ谷用水など、歴史を感じさせるものが多く残されており、時代時代の、様々な興味深い逸話が隠されています。

    今回は、この地域の歴史をよく知る『083PRESS(おみやプレス)※』編集長・千葉富士男氏をガイドに迎え、お宝話をたっぷりとお聞かせいただきます。

    博識な千葉さんの解説と共に、一緒に「御宮町」を歩いてみませんか。
    政宗公が生きていた時代から現在まで、時間を超えて思いを馳せる、贅沢な2時間です。

    ※『083PRESS(おみやプレス)』:「お!宮町地域情報編集局」が発行している、地域密着型の情報共有フリーペーパー。2011年3月創刊。

    ルート

     

     

    花京院スクエア

    安藤家住宅・鈴憲味噌

    阿部幸商店

    梅田川

    延寿院

    仙岳院

    仙台東照宮 解散

    (12:00頃解散)

    解散

     

    ※都合により、一部コースが変更になる場合があります

     

  • 募集要項  

    開催日時:2017年9月 2日(土)10:00~12:00 

    集合

    9:50 花京院スクエア1階入り口付近
    (仙台市青葉区花京院1丁目1番20号)

    参加費

    お一人2,000円(税込)(ガイド料・保険料含む)

    当日集合時にお支払ください。お釣りのないようにご準備ください。

    定員

    20名 (先着順・要予約)

    募集締め切り

    2017年8月30日(水)※残り1席(キャンセルによる)

  • お申込み・お問い合わせ

    下記、連絡先までお電話・FAX・WEBにて直接お願いします。

    *お申し込みの際は、参加者氏名、連絡先をお知らせください。

    株式会社 たびむすび

    TEL 022-748-6230 FAX 022-726-0343

    平日 9:00~17:00

    URL https://s-ssl.jp/tabimusubi.co.jp/cgi-bin/reserve/index.cgi